株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年04月08日

エコートレーディングの18年2月期は、増収ながら大幅減益

■ペット関連市場を取り巻く環境は厳しい状況だが、19年2月期連結業績予想は増収増益を見込む

 ペットフード卸最大手のエコートレーディング<7427>(東1)の18年2月期は、増収ながら大幅減益となった。

 ペット業界では、猫の飼育頭数の増加など需要増加の動きが見られたものの、単身世帯や核家族世帯の増加による新規市区の減少など、ペット関連市場を取り巻く環境は厳しい状況。

 18年2月期連結業績は、売上高797億86百万円(前年同期比2.7%増)、営業利益2億21百万円(同22.0%減)、経常利益2億31百万円(同20.6%減)、純利益1億75百万円(同68.4%減)となった。

 今通期連結業績予想については、商品開発体制の強化を実施し、物流コストの上昇に対応するためローコストオペレーションでの物流拠点の再編成を行い、業務の効果・効率化を目的とした5S徹底運動(整理・整頓・清掃・躾)によるムダ・ムラ・ムリの排除、単品管理の強化による適正在庫の運用と単品毎の粗利改善を行うことで、収益の改善に努めるとしている。

 その結果、19年2月期連結業績予想は、売上高810億円(前期比1.5%増)、営業利益3億円(同35.7%増)、経常利益3億円(同29.9%増)、純利益1億95百万円(同11.4%増)と増収増益を見込む。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 19:54 | 決算発表記事情報