株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年04月10日

【株式市場】米中貿易摩擦の緩和期待が強まり日経平均は中盤から一気に上値を追う

◆日経平均は2万1913円06銭(234円80銭高)、TOPIXは1740.78ポイント(14.90ポイント高)、出来高概算(東証1部)は6億9977万株

チャート13 10日(火)前場の東京株式市場は、米国の為替市場で財政赤字の拡大見通しなどからドル安・円高になったことなどを受け、日経平均は78円安で始まった後135円89銭安(2万1542円37銭)まで下押す場面があった。その後、10日に中国・習近平国家主席の演説が行われると伝えられ、米中の貿易摩擦が緩和に向かう期待が優勢になったようで、株価指数の先物が急激に上昇。日経平均も先物主導で一気に上値を追い、前引け間際に255円71銭高(2万1933円99銭)まで上げた。前引けも234円80銭高。半面、日経JASDAQ平均は軟調。

 SMC<6273>(東1)が半導体製造装置の好調報道や連続最高益の見通しなどへの評価再燃とされて東証1部の値上がり幅1位。ソウルドアウト<6553>(東マ)は東海東京証券が投資判断を開始と伝わり急動意。オンキヨー<6628>(JQS)は至学館大学(愛知県)との産学連携などが注目されて急伸。

 10日新規上場となったヒューマン・アソシエイツHD<6575>(東マ・売買単位100株)は前場、買い気配のまま初値がつかず、前引けは公開価格1170円を71%上回1996円の買い気配。

 東証1部の出来高概算は6億9977万株。売買代金は1兆1942億円。1部上場2082銘柄のうち、値上がり銘柄数は1351銘柄、値下がり銘柄数は648銘柄となった。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:01 | 今日のマーケット