IRセミナー
12/18(火)=ソレイジア・ファーマ、ケイアイスター不動産

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年04月11日

【株式市場】国会の推移を見定めたい姿勢あり日経平均は弱もみ合いを続け反落

◆日経平均の終値は2万1687円10銭(107円22銭安)、TOPIXは1725.30ポイント(6.64ポイント安)、出来高概算(東証1部)は15億3320万株

チャート6 11日後場の東京株式市場は、「加計学園」問題に関する国会推移を見定めたい姿勢があり、トヨタ自動車<7203>(東1)は次第に上げ幅を縮めてなだらかに前日比変わらずの水準に近づくなど、全般に様子見姿勢が強まる感触になった。日経平均は軟調なまま右肩下がりの「m」の字型にもみ合い、3日ぶりに反落。東証2部指数、マザーズ指数、日経JASDAQ平均も安い。

 後場は、引き続き三井海洋開発<6269>(東1)などの資源株がNY原油高や小笠原諸島の南鳥島の周辺に膨大な埋蔵量のレアアース鉱床との報道を受けて高く、トランザス<6696>(東マ)は宿泊客と運営スタッフ及び運営スタッフ同士の通信手段となるウェアラブルデバイス「Cygnus(シグナス)」などが注目されて大きく出直り、プロパスト<3236>(JQS)は10日発表の四半期決算が好感されて急伸。

 11日新規上場となったコンヴァノ<6574>(東マ・売買単位100株)は買い気配を上げ、14時29分に公開価格930円の2.4倍の2189円で初値が付いた。その後2589円まで上げ、大引けは2230円。

 東証1部の出来高概算は15億3320万株(前引けは8億1115万株)。売買代金は2兆5587億円(同1兆3045億円)。1部上場2082銘柄のうち、値上がり銘柄数は728(同746)銘柄、値下がり銘柄数は1278(同1239)銘柄。

 また、東証33業種別指数は13業種(前引けは16業種)が値上がりし、値上がり率上位の業種は、石油・石炭、鉱業、海運、証券・商品先物、非鉄金属、鉄鋼、卸売り、機械、電気機器、などとなった。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:45 | 今日のマーケット