株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年04月16日

ファーマライズHDはストップ高買い気配、第3四半期の大幅増益を好感

■5月通期見通しは据え置くが営業利益3期ぶり10億円台確実に

 ファーマライズホールディングス<2796>(東1)は16日の後場、ストップ高の771円(100円高)で始まり、朝方にストップ高で取引された後は買い気配に張りついている。13日に第3四半期の連結決算(2017年6月〜18年2月)を発表し、新たに同社グループに加わった3社の寄与などにより、営業利益が前年同期の3.5倍の9.6億円になったことなどが注目された。

 純利益は前年同期比で黒字化して2.4億円になった。5月通期の業績見通しは据え置いたが、第3四半期までの進ちょくが好調なため、通期業績の上振れが意識されている。通期見通しは営業利益が3期ぶりに10億円台を回復する見込みで、これはほとんど確実になったとの見方が出ている。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:20 | 株式投資ニュース