IRセミナー
12/18(火)=ソレイジア・ファーマ、ケイアイスター不動産

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年04月17日

ティーケーピーの18年2月期は、大都市圏を中心に新規開設が順調に推移したことから大幅増収増益を達成

■空間プロデュースのプロフェッショナルとして企業の会議室・バンケット需要に応える

 法人向け貸し会議室運営のティーケーピー<3479>(東マ)の18年2月期は、大都市圏を中心に新規開設が順調に推移したことから大幅増収増益となった。

 18年2月期連結業績は、売上高286億89百万円(前年増期比30.5%増)、営業利益34億49百万円(同28.0%増)、経常利益32億円(同25.4%増)、純利益20億71百万円(同53.2%増)であった。

 同社は企業向けの空間シェアリングビジネスの先駆けとして2005年に創業し、不動産オーナーから遊休不動産もしくは稼働率の低い不動産を借り受け、貸会議室としてリニューアルし、利用者に提供している。独自のインフラネットワークを構築し、5つのグレードをもって全国展開を行い、空間プロデュースのプロフェッショナルとして企業の会議室・バンケット需要に応えている。

 18年2月期は大都市圏を中心に新規開設を積極的に行った結果、18カ所の新規開設を実施した。その結果、同社グループが運営する貸会議室総数は1858室(同6.0%増)となった。

 今期19年2月期は、1)オフィスビルに留まらず、商業施設も視野に加えた会議室・宴会場の積極出店、2)多様な用途での会議室・宴会場利用を可能にする周辺サービスの内製化や、アライアンスによる付加価値コンテンツの取り込み、3)営業体制・システムの拡充による顧客企業のリピーター化と年間を通じた企業イベント案件の獲得等に取組むとしている。

 19年2月期連結業績予想は、売上高345億50百万円(前期比20.4%増)、営業利益40億04百万円(同16.1%増)、経常利益37億29百万円(同16.5%増)、純利益21億20百万円(同2.4%増)を見込む。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:32 | 決算発表記事情報