IRセミナー
12/18(火)=ソレイジア・ファーマ、ケイアイスター不動産

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年04月17日

ACCESSは「エッジAI」など注目され後場一段と強含む

■ディジタルメディアプロフェッショナル(DMP)と協業

 IoTソリューションなどのACCESS(アクセス)<4813>(東マ)は17日の後場一段と強含み、1065円(35円高)と出直りを強めている。同日付で2本のニュースリリースを発表し、「エッジAI」のハードウェアパートナーとしてディジタルメディアプロフェッショナル(DMP)<3652>(東マ)と協業することなどが注目された。

 エッジコンピューティングにAI(人工知能)を搭載したトータルソリューション「NetFrontEdgeAI」を開発し、エッジデバイス側での高速リアルタイムAI処理を実現し、17日から提供を開始した。また、エッジAIのハードウェアパートナーとして、DMPと協業した。

 また、IoTサービス開発の活性化を目指し、自社開発のElixir(エリクサー)ベースのWebアプリケーションフレームワークを「Antikythera Framework(アンティキティラ・フレームワーク)」としてOSS(オープンソース)化し、2018年4月27日、開発コミュニティ向けに公開すると発表した。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:00 | 株式投資ニュース