株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年04月18日

【新規上場(IPO)銘柄】SKIYAKIは他社販売チケットを「SKIYAKI TICKET」にて発売、外部連携の拡大を見込む

 SKIYAKI<3995>(東マ)は、昨年10月26日に東京証券取引所マザーズに上場。同社は、プラットフォーム事業、コンサート・イベント制作事業、旅行・ツアー事業を行っている。ファンのためのワンストップ・ソリューションプラットフォーム「SKIYAKI EXTRA」を中核として、ファンクラブサービス(FCサービス)、独自認証電子チケットサービス「SKIYAKI TICKET」、オンデマンドグッズサービス「SKIYAKI GOODS」、映画・映像製作、旅行・ツアー事業、コンサート・イベント事業を展開している。

 同社は、アーティストに係るFCサービス、アーティストグッズ等のECサービス及び電子チケットサービス「SKIYAKI TICKET」の取扱いアーティスト数を増やし、取引を拡大し、本年1月31日現在における「SKIYAKI EXTRA」の総登録会員数は152.0万人(前の期比53.2万人(54.0%)と増加している。

 前2018年1月期業績実績は、売上高24億8700万円(前の期比44.5%増)、営業利益2億4200万円(同69.6%増)、経常利益2億1600万円(同64.1%増)、純利益1億8100万円(同56.8%増)に着地。年間配当予想は、期末一括15円を実施。売上・利益ともに計画を上回り順調に推移した。

 今19年1月期業績予想は、売上高30億7500万円(前期比23.6%増)、営業利益3億円(同23.7%増)、経常利益3億0700万円(同42.1%増)、純利益2億0600万円(同13.4%増)を見込む。年間配当予想は、未定(同15円を実施)としている。主力プラットフォーム「SKIYAKI EXTRA」におけるFCサービス、ECサービスの継続した成長により、売上高の増大を見込んでいる。

 株価は、昨年10月30日につけた上場来高値9560円から同12月22日安値5510円と調整、2月9日に上場来安値4990円、4月17日安値5650円と売り直されて逆三尊底を形成した感がある。3月30日大引け後に、特定の公演において、他社で販売したチケットを「SKIYAKI TICKET」にて発券できる機能を3月30日から提供開始したと発表。第1弾として、6月に開催される「L’Arc〜en〜Ciel」のボーカリスト「HYDE」の全国ツアー 「HYDE LIVE 2018(販売元:チケットぴあ)」で、一部チケットを「SKIYAKI TICKET」で発券する。これまで紙で発行していたHYDEファンクラブの会員向けチケットを電子チケットに置き換えるもので、「HYDE」の公演において電子チケットが導入されるのは今回が初めてで、今後「SKIYAKI TICKET」の外部連携の拡大が見込まれる。ここから、徐々に上値を試すか注目したい。(株式評論家・信濃川)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:19 | 新規上場(IPO)銘柄