IRセミナー
8/17(金)=夢真ホールディングス、トレジャーファクトリー

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年04月24日

【新規上場(IPO)銘柄】HEROZは、上場2日目も値付かず、AI関連市場の拡大でビジネスチャンスは拡がる見通し

 HEROZ<4382>(東マ)は、4月20日に東京証券取引所マザーズに上場した。同社は、「驚きを心に」をコンセプトとして、人々の生活が便利に楽しくなるように、人工知能(AI)を活用したサービスを、スマートフォンやタブレット端末上で展開したり、企業向けに提供したりしている。

 同社は、「将棋ウォーズ」、「CHESS HEROZ」、「BackgammonAce」の開発を通じて蓄積した機械学習等の人工知能(AI)関連の手法を固有のコア技術とし、現役将棋プロ棋士に勝利した将棋人工知能の開発者などトップエンジニアが日々開発に取り組み、深層学習(ディープラーニング)等の機械学習技術を、様々な領域の事業会社に対して、AIサービス「HEROZ Kishin」として提供している。

 2018年4月期第3四半期業績実績は、売上高8億7100万円、営業利益3億0500万円、経常利益3億0300万円、純利益2億2300万円に着地。


 2018年4月期業績予想は、売上高11億0300万円(前期比25.7%増)、営業利益3億2100万円(同3.6倍)、経常利益3億円(同3.2倍)、純利益2億1900万円(同2.3倍)を見込む。上場で調達した資金はサーバ費用や技術研究、人材採用など成長投資を優先し、配当は見送る方針。

 株価は、上場日2日目の4月23日は公開価格4500円の5.29倍相当の2万3810円円買い気配で終わり、まだ初値をつけていない。2017年第2期電王戦で山本一成の「Ponanza」が第2期叡王戦覇者の佐藤天彦名人と対局し、世界で初めて将棋AIが名人に勝利したこと等が市場の関心を大いに集めているほか、AI市場の規模が2015年1,500億円だったが、20年には1兆0020億円、30年には2兆1200億円にも及ぶとの観測があり、AI関連市場は拡大を続け、同社にビジネスチャンスが拡がるとの見方から買い優勢の展開となっている。買いについては、初値形成後の動きをじっくり見極めてから考えるところだろう。(株式評論家・信濃川)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:27 | 新規上場(IPO)銘柄