IRセミナー
8/17(金)=夢真ホールディングス、トレジャーファクトリー

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年04月25日

25日上場のベストワンドットコムは買い気配のまま公開価格の56%高(11時現在)

■クルーズ船やパッケージ旅行の企画・販売などを行い売上高44%増の見込み

 25日新規上場となったベストワンドットコム<6577>(東マ・売買単位100株)は、クルーズ旅行に特化したオンライン旅行会社として、主に個人顧客をターゲットに海外・国内クルーズの乗船券やパッケージ旅行の販売を行っている。クルーズ旅行の特性上、欧州発着や日本発着クルーズのオンシーズンは毎年4月から9月であり、特に、5月のゴールデンウィーク期間及び7月から9月の夏休み期間に取扱い数が集中する傾向にあるという。

 朝から買い気配が続いており、11時現在は公開価格4330円に対し56%高の6750円の買い気配。まだ初値はついていない。

 会社発表の今期・2018年7月期の連結業績見通しは、売上高が前期比44.1%増の17億2431万円、営業利益が同6.8%増の1億1712万円、純利益は同4.6%増の7894万円。1株利益は142円45銭。

 公開価格はPER30.4倍になり、エボラブルアジア(6191)のPER40倍前後、ユーラシア旅行社(9376)のPER30倍前後などが参考になるようだ。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:06 | 新規上場(IPO)銘柄