株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年04月27日

【株式評論家の視点】第一精工IoTの広がりによるコネクタの拡大を見込む、ミニゴールデンクロスを示現

 第一精工<6640>(東1)は、昭和38年(1963年)に京都で精密な金型を造る会社として誕生。同社は、1000分の1ミリという精度で金属を加工して造る、「金型」で培った精密技術を最も大切な「核(コア)」として、コネクタをはじめとする電子部品や自動車部品、半導体や液晶用の製造装置などを開発・製造している。

 コネクタ事業では、「高速伝送にこだわる」ことを理念として掲げ、進化し続けるデジタルツールへの挑戦を続けている。IoTの広がりによって「電子部品」というものが自動車・監視カメラ・ドローンなどにも必須とされるようになったため、新たなビジネスチャンスとして捉え研究・開発をしている。

 自動車部品事業では、『The desire to form』 をスローガンとして、同事業部では新商品企画の取り込みによる次世代ビジネスの具現化や新たな生産拠点でのビジネス拡充を目指し、新生産コンセプトでの競争力強化を行っている。


 精密部品事業では、第一精工のコア技術である精密金型を設計・製作し、国内および海外グループを拠点として、その金型を用いてOEM生産を行っている。HDD関連の精密樹脂部品製作が主な業務だが、その他にも新規ビジネス獲得目指し、様々な市場に対して積極的な技術提案を行っている。

 今2018年12月期第2四半期業績予想は、売上高269億円(前年同期比10.1%増)、営業利益14億円(同66.3%増)、経常利益14億円(同2.0倍)、純利益9億5000万円(同3.6倍)を見込む。

 今18年12月期業績予想は、売上高551億円(前期比6.1%増)、営業利益33億円(同26.7%増)、経常利益32億円(同27.5%増)、純利益22億円(同31.9%増)を見込む。年間配当予想は、25円(第2四半期末5円、期末20円)継続を予定としている。

 株価は、1月11日につけた昨年来の高値3300円から4月9日に年初来の安値1974円と調整。その後、モミ合っているが、24か月移動平均線がサポートした感があり値ごろ感が出ている。IoTの広がりによるコネクタの拡大が見込まれ、PBR0.80倍と割り負けしている。日足ではミニゴールデンクロスを示現。5月9日の第1四半期決算が順調に推移していれば、大きくリバウンド幅を拡げる可能性が高い。(株式評論家・信濃川)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:29 | 株式評論家の視点