株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年05月09日

【株式評論家の視点】ユナイテッド&コレクティブは、2期ぶり最高益更新に株主優待開始、押し目買い妙味膨らむ

 ユナイテッド&コレクティブ<3557>(東マ)は、2017年2月23日に東京証券取引所マザーズに上場。同社は、飲食店の経営を行っているが、独自戦略(PISP)「手頃に本当に美味しい料理を多くの人々に届けるための戦略。」を展開し、大手飲食チェーン店では諦めてしまった店内での仕込み調理を実践しながら、一部作業を外部委託することで生産性を高め、美味しさと手頃な価格の両立を実現している。2018年4月17日現在、てけてけ(63店舗)・the 3rd Burger(6店舗)・ 心(2店舗)を運営している。

 てけてけでは、高度成長期をコンセプトにした店内で、鶏肉を生のままから焼き上げるこだわりの「塩つくね」や、同社オリジナルの濃厚コラーゲンスープを使った「博多水炊き」などの鶏料理を中心に居酒屋を運営しているが、てけてけでしか飲めない自家製サワーやオリジナル日本酒・焼酎なども充実している。

 the 3rd Burgerでは、毎日食べても体が喜ぶ、これまでにない第3のハンバーガーカフェを運営している。バンズは、保存剤・防腐剤を加えることなく、パン種を毎日各店舗で発酵させ、オーブンで焼き上げ、パティは、生のブロック肉を毎日各店舗でカットしミンチにして成形を行っている。

 前2018年2月期業績実績は、売上高63億4800万円(前の期比15.9%増)、営業利益2億0100万円(同20.7%減)、経常利益1億6600万円(同25.9%減)、純利益9900万円(同47.7%減)に着地。新規出店目標22店舗のうち、15店舗出店にとどまったうえ、酒税法改正によりビールを中心に酒類の仕入価格が上昇したことが響いた。

 今19年2月期業績予想は、売上高84億8500万円(前期比33.7%増)、営業利益2億6900万円(同33.4%増)、経常利益2億3600万円(同42.6%増)、純利益1億3100万円(同32.8%増)を見込む。新規出店は25店舗を計画しているが、第1四半期までに合計10店舗の出店が決定しており、出店計画は順調に推移しており、2期ぶりに最高益を更新する見通し。

 2019年2月28日現在の株主名簿に記載された株主を対象として、株主優待制度を開始。1年超(2月・8月・翌年2月と3回連続で同一株主番号にて株主名簿に記載されている)かつ、100株(1単元)以上保有の株主が対象。ただし、初回となる19年2月基準については、18年8月から19年2月の半年以上保有した株主を対象に保有株に応じてお食事ご優待券の贈呈を予定している。

 株価は、1月30日につけた分割前の高値4350円から4月10日につけた分割後の安値1871円まで調整。2期ぶりに最高益を更新する見通しに加え、株主優待制度の開始を好感し、4月24日に分割後の高値3400円と上昇。その後、モミ合っている。第1四半期決算が順調に推移すれば、上昇基調を強めることが予想されるため、押し目買い妙味が膨らみそうだ。(株式評論家・信濃川)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:47 | 株式評論家の視点