IRセミナー
8/17(金)=夢真ホールディングス、トレジャーファクトリー

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年05月13日

サンコーテクノの18年3月期決算は、ファスニング事業が堅調であったことから増収増益で着地

■主力製品である金属系あと施工アンカーの販売が堅調に推移

 あと施工アンカーの最大手のサンコーテクノ<3435>(東2)の18年3月期決算は、ファスニング事業が堅調であったことから増収増益で着地した。

 18年3月期は、都市再開発や、東京オリンピック・パラリンピック関連事業を中心として、民間設備投資・公共投資ともに底堅い動きであった。しかし、建設技能労働者の慢性的な不足が解消されず、生産性向上が課題となっている。また、資材価格や労務費の高騰も課題となっている。

 そのような状況の中で、同社のファスニング事業は、各種設備工事等の需要回復に伴い、主力製品である金属系あと施工アンカーの販売が堅調に推移した。また、耐震工事等の減少により低迷していた接着系あと施工アンカーの販売が底入れしたほか、土木関連を中心に、完成工事高が大幅に増加した。売上高は128億65百万円(前年同期比8.5%増)、セグメント利益は16億74百万円(同8.3%増)であった。

 機能材事業は、アルコール測定器の販売及び電子基板関連の販売が好調に推移した。電動油圧工具関連は、国内販売が低調に推移したほか、FRPシート関連に含まれる二重床や、防水樹脂の材料販売が減少した。売上高は34億60百万円(同4.9%減)、セグメント利益は412百万円(同7.3%減)となった。

 その結果、18年3月期連結業績は、売上高163億26百万円(同5.3%増)、営業利益11億59百万円(同3.1%増)、経常利益11億62百万円(同3.8%増)、純利益7億96百万円(同0.7%増)となった。

 配当については、2円増配の22円。

 同社の業績の推移を見ると、15年3月期が最高益更新で、その後、16年、17年と2期連続で減収減益となったが、18年3月期で増収増益と回復が明確となった。今期19年3月期も増収増益予想となっていることから、成長路線に戻ってきたといえる。

 今期については、「中期経営ビジョン 2020」のもと、成長戦略のキーワードとして掲げる「安定供給」、「安定品質」、「市場創出」をいっそう促進させ、更なる企業価値向上を目指すとしている。

 19年3月期連結業績予想は、売上高168億円(前期比2.9%増)、営業利益12億円(同3.5%増)、経常利益12億10百万円(同4.1%増)、純利益8億35百万円(同4.8%増)と2期連続の増収増益を見込む。

 なお、配当については、2円増配の24円を見込む。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:16 | 決算発表記事情報