IRセミナー
8/17(金)=夢真ホールディングス、トレジャーファクトリー

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年05月13日

夢真ホールディングスの第2四半期は、主力の建築技術者派遣事業が好調に推移し、大幅増収増益

■今通期連結業績予想の達成はますます確実なものとなる

 夢真ホールディングス<2362>(JQS)は、建築技術者派遣事業を主力として、エンジニア派遣事業なども展開している。18年9月期第2四半期は、主力の建築技術者派遣事業が好調に推移し、大幅増収増益となった。

 第2四半期連結業績は、売上高193億38百万円(前年同期比33.2%増)、営業利益25億87百万円(同100.5%増)、経常利益25億57百万円(同86.9%増)、純利益18億71百万円(同127.4%増)であった。

 建設技術者派遣事業の業績は、売上高143億92百万円(同32.0%増)、セグメント利益25億20百万円(同72.6%増)と大幅増収増益。

 エンジニア派遣事業は、売上高47億60百万円(同38.8%増)、セグメント利益2億81百万円(同53.5%増)とこちらも大幅増収増益。

 その他の事業は、主に建設及び製造業各社への人材紹介及びベトナム現地の人材を求めている日本企業への採用支援サービスの提供等を行っている。売上高は2億24百万円(同8.6%減)、セグメント利益△1億28百万円(前年同期△2億76百万円)となった。

 第2四半期の通期業績予想に対する進捗率は、売上高49.6%(前年同期47.6%)、営業利益57.5%(同54.6%)、経常利益56.8%(同55.5%)、純利益64.5%(同57.6%)となっていることから、今通期連結業績予想の達成はますます確実なものとなってきている。

 ちなみに、今通期連結業績予想は、売上高390億円(前期比27.8%増)、営業利益45億円(同90.5%増)、経常利益45億円(同85.7%増)、純利益29億円(同103.4%増)と14年9月期の最高益を大きく上回る見込み。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:47 | 決算発表記事情報