株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年05月14日

加賀電子は経常最高益など注目され2日続伸となって出直り強める

■今期の業績見通しは中期計画の到達年度に当たり経常利益14%増など想定

 加賀電子<8154>(東1)は14日、2日続伸基調となり、11時にかけて2772円(63円高)まで上げて出直りを強めている。9日に2018年3月期の連結決算を発表し、IoT、AI(人工知能)などの新技術関連市場も活発で売上高は2359億2100万円(前期比3.8%の増加)となり、経常利益は87億4000万円(同19.0%の増加)と過去最高を更新した。

 今期・19年3月期の見通しについては、部材によっては供給サイドの増産対応が追いつかない面があることなどを挙げ、現時点での開示を保留したが、「中期経営計画2018」の最終年度にあたり、すでに発表済みの目標値は連結売上高2900億円(18年3月期実績比22.9%の増加)、経常利益100億円(同14.4%の増加)、ROE8.0%以上(同9.2%)。ROEについては中期計画の目標を大きく上回っており、資本効率の向上をはじめとして計画が順調に進んでいることが見て取れそうだ。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:09 | 株式投資ニュース