株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年05月14日

ハウスドゥは6月末現在の株主の保有する普通株を1株につき2株に分割

■新たな投資家層の参加が増えるケースが多く「初押し買い」に注目

 ハウスドゥ<3457>(東1)は14日の取引終了後、株式2分割とこれにともなう株主優待の変更を発表し、6月30日を基準日として、同日最終の株主名簿に記載または記録された株主の所有する当社普通株式を1株につき2株の割合をもって分割すると発表した。6月30日は株主名簿管理人の休業日につき、実質的な基準日は6月29日・金曜日になる。

 この株式2分割にともない、株主優待として保有株数に応じて贈呈するポイント数を300〜499株の株数帯以上のゾーンについては現行の2分の1に変更するとしたが、最小の株数帯(100〜299株)については現行の約3分の2とし、実質的にポイントを増額する形にした。

 同社の株価は、最高益を更新する見込みの好決算などを背景に、前週末の5月11日には6180円の上場来高値をつけ、4月末の4010円から5割高(2170円高)となった。週明け14日は5540円(480円安)と反落したが、分割という株価材料に対して絶好の押し目を提供する形になった。株式分割後は投資金額が低下するため、新たな投資家層の参加が増えるケースが多く見込まれ、好業績などに再び注目する相場が再燃する可能性がある。また、経験則的には、「初押し(急伸相場が始まって初めての反落)は買い」というジンクスがあり、絶好の買い場になることが少なくないとされる。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:18 | IR企業情報