IRセミナー
8/17(金)=夢真ホールディングス、トレジャーファクトリー

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年05月16日

サンウッドは「都心・高額・ハイエンド」存分に発揮し売上高が69%増加

■2018年3月期、事業用地の仕入れも進み19年3月期も積極展開へ

 ハイグレード高級マンションのサンウッド<8903>(JQS)の2018年3月期の業績(非連結、決算発表は5月14日)は、新築分譲などの不動産開発事業の売上高が前期比85%増加し、リノベーション事業も同じく15%増加するなど、すこぶる好調に推移し、全社売上高は前期比68.5%増加して113億9100万円となり、営業利益は同約4倍の5億5700万円、純利益は同78.9%増の3億400万円となった。

■発売開始前から人気化する物件が多く販売諸費用など大幅に節約


 とりわけ、この期に新規分譲した4物件(赤坂丹後町、代々木西参道など)を中心として、各建物とも発売開始前から人気化する状況になり、販売にかかわる諸費用のうち広告宣伝費は前期比で約31%削減できた。「都心・高額・ハイエンドという事業方針をいかんなく発揮できた」(同社)とした。

 事業用地の仕入れは、18年3月末までで約91億円を20年3月期の売り上げ分として手当て済みで、さらに96億円を21年3月期以降の売り上げ分として手当てした。仕入れは翌期以降の売上高や収益につながる重要なファクターになる。

 今期・19年3月期の業績見通しは、前期に見られたような販売関連費用の大幅減を前提とせず、用地の仕入れを引き続き積極的に行うことなどを前提として、売上高を117億5000万円(18年3月期比3.1%の増加)とし、営業利益は5億5800万円(同0.2%の増加)、純利益は同3億800万円(同1.0%の増加)、1株利益は65円06銭の見込みとした。

 今期は、主軸の「都心・高額・ハイエンド」タイプに加え、多様化する都心在住者のニーズに合わせ、ディンクス(共働きで子供のいない家庭)なども主な需要層とする都心近郊のコンパクト物件や郊外型のコンセプト物件も展開し、商品ラインアップを拡大する方針とした。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:30 | 株式投資ニュース