IRセミナー
12/18(火)=ソレイジア・ファーマ、ケイアイスター不動産

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年05月21日

【業績で見る株価】クリナップは続伸、4月就任の竹内新社長のもとで大胆な回復計画を開始

■ハイクラスのイタリア「バルクチーネ」などで中・高級品市場も拡大めざす

 クリナップ<7955>(東1)は21日も出直り基調を続け、日々小幅だが10時30分を過ぎては878円(3円高)前後で推移。5月8日に発表した2018年3月期の連結業績は営業利益が8割近い減少となったが、今期・19年3月期を初年度とする新・3ヵ年中期計画(21年3月期まで)ではV字型の回復を計画。4月には新社長・竹内宏氏が就任。新展開への期待は強いようだ。

 前3月期(2018年3月期)の連結業績は、原材料高や輸送費のアップ、リフォーム市場の盛り上がり不足などにより、売上高が前期比5.5%減となり、営業利益は同79.9%減となった。売上高に比べて利益の減少率が極端に大きくなった要因は、主に売上高と営業利益の実額の差にあり、売上高1100億円規模に対して営業利益は20億円規模(17年3月期)のため、売上高の減少率が数%でも営業利益は大きくダウンする形になってしまう。

 しかし、今期・19年3月期は、これを初年度とする新・3ヵ年中期計画(〜21年3月期)を策定し、中・高級品市場でのシェアアップ、第2の柱となる事業の構築、M&Aと業務提携、さらに低収益構造からの転換などを掲げた。ハイクラスキッチンの分野にも本格的に取り組む方針で、17年12月には超高級品として知られるイタリア「Valcucine(バルクチーネ)」ブランドのショールームを開設した。

 初年度に当たる今期の連結業績見通しは、売上高が前期比3.4%増の1110億円、営業利益が同2.5倍の10億円、純利益は同8倍の4億円、1株利益は10円93銭。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:11 | 業績でみる株価