IRセミナー
12/18(火)=ソレイジア・ファーマ、ケイアイスター不動産

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年05月28日

【株式評論家の視点】ヨコレイ(横浜冷凍)は連続最高益更新を見込む、1050円割れが底値圏

 ヨコレイ(横浜冷凍)<2874>(東1)冷蔵倉庫業並びに普通倉庫業、水産品の加工、販売並びに輸出入、農畜産物の加工、販売並びに輸出入、不動産賃貸業、通関業、貨物利用運送事業並びに貨物自動車運送事業、食堂及び喫茶店の経営並びに飲食物の販売などを行っている。2017年10月にスタートした第六次中期経営計画「GrowingValue 2020」(3か年)に基づき、冷蔵倉庫事業では「マーケットインに応える革新と進化」、食品販売事業では「食料資源の開発と食プロデュースによる安定供給構造の構築」を目指して、事業運営方針の各施策に取り組んでいる。

 第六次中期経営計画では、最終年度2020年9月期売上高1800億円(17年9月期実績比13.2%増)、営業利益85億円(同64.1%増)、経常利益85億円(同56.4%増)、純利益53億円(同57.7%増)の数値目標を掲げている。

 5月14日午後0時30分に発表した今18年9月期第2四半期業績実績は、売上高827億8000万円(前年同期比4.6%増)、営業利益25億9300万円(同17.9%減)、経常利益26億7600万円(同22.0%減)、純利益16億4400万円(同16.8%減)に着地。冷蔵倉庫事業で昨年6月に新規稼動した幸手物流センターがフル稼働状態に達したほか、保管料収入は増加、タイの連結子会社の業績が大きく回復し好調に推移したが、食品販売事業で輸出は増加したものの、主力商材の市場価格の高騰により荷動きが停滞した。

 今19年9月期業績予想は、売上高1630億円(前期比2.5%増)、営業利益70億円(同35.1%増)、経常利益70億円(同28.8%増)、純利益40億円(同19.0%増)と連続最高益更新を見込む。年間配当予想は、23円(第2四半期末10円、期末13円)の3円増配を予定。

 株価は、1月9日の年初来高値1206円から2月13日安値1032円と調整、3月27日に年初来安値972円、5月15日安値1030円と売り直されて底値を確認。その後、モミ合っている。今9月期第2四半期は計画を下振れしたが、連続最高益は更新する見通しで、第六次中期経営計画達成に向け着実に業績を伸ばすと期待される。PBR0.81倍と割り負け、配当利回りも2.1%とソコソコあり、1050円割れの底値圏に押す場面を待ちたい。(株式評論家・信濃川)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:32 | 株式評論家の視点