株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年05月30日

【株式市場】イタリア国債急落など受け日経平均は4月18日以来の2万2000円割れ

◆日経平均は2万1958円01銭(400円42銭安)、TOPIXは1733.35ポイント(28.50ポイント安)、出来高概算(東証1部)は7億2204万株

チャート14 30日(水)前場の東京株式市場は、イタリアでユーロ圏からの離脱も争点とする再選挙の可能性が出てきたことや同国の国債の急落が伝えられ、NYダウの急落を受け、日経平均は306円安で始まったあと9時30分にかけて426円78銭安(2万1931円65銭)まで下押した。前引けも400円42銭安。2万2000円割れは、取引時間中としては4月18日以来。東証2部指数、マザーズ指数、日経JASDAQ平均も安い。

 中で、任天堂<7974>(東1)はゲーム機好調などが言われて個別に高く、ハウスドゥ<3457>(東1)は6月末の株式分割が材料視されて逆行高。JFEシステムズ<4832>(東2)はJFEエンジニアリング(非上場)が地域新電力「ところざわ未来電力」を設立したことなどが連想材料視されて高い。アルファポリス<9467>(東マ)も6月末の株式分割が材料視されて高い。

 東証1部の出来高概算は8億560万株。売買代金は1兆3210億円。1部上場2084銘柄のうち、値上がり銘柄数は239銘柄、値下がり銘柄数は1791銘柄。また、東証33業種別指数で値上がりした業種は任天堂<7974>(東1)の存在感が大きい「その他製品」1業種にとどまった。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:27 | 今日のマーケット