IRセミナー
6/26(火)=ベステラ、シルバーライフ、PALTEK

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年05月30日

【株式市場】全般は大幅続落だが日経平均は大引けにかけ2万2000円を回復

◆日経平均の終値は2万2018円52銭(339円91銭安)、TOPIXは1736.13ポイント(25.72ポイント安)、出来高概算(東証1部)は15億9261万株

チャート14 30日後場の東京株式市場は、株価指数の先物に買い戻しの動きがあるとされ、日経平均が前場2万2000円を割り込んだことで、ひとまず大台という下値メドに達したとの見方もあり、日経平均は前場の安値(426円78銭安の2万1931円65銭)を割らずに一進一退となった。第一生命ホールディングス<8750>(東1)など、金融・保険株の一角の回復が目立った。円相場も昼前の水準からは円安基調になり、日経平均は大引けでは2万2000円台を維持した。東証2部指数、マザーズ指数、日経JASDAQ平均も安い。

 後場は、婚活サイトなどのIBJ<6071>(東1)が事業買収などを材料に反発幅を広げ、海外情勢の影響の小さい銘柄を買う雰囲気が強まった。グローバルウェイ<3936>(東マ)はタイムチケット事業をグローバル展開するスイス子会社設立の発表などが注目されて急伸。ジャストプランニング<4287>(JQS)は飲食店内をIoT化し注文や会計を迅速化するシステムなどが材料視されて高値を更新。

 東証1部の出来高概算は15億9261万株(前引けは8億560万株)。売買代金は2兆7783億円(同1兆3210億円)。1部上場2084銘柄のうち、値上がり銘柄数は292(同239)銘柄、値下がり銘柄数は1760(同1791)銘柄。また、東証33業種別指数で値上がりした業種は任天堂<7974>(東1)の存在感が大きい「その他製品」1業種にとどまった。
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:38 | 今日のマーケット