株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年05月31日

【株式市場】NYダウ大幅反発を受けイタリア発の不安が後退し日経平均は一時156円高

<新規上場のラクスルは9.7%高で初値がつき10時過ぎに36%高まで上げる>

◆日経平均は2万2112円22銭(93円70銭高)、TOPIXは1741.70ポイント(5.57ポイント高)、出来高概算(東証1部)は6億4965万株

チャート2 31日(木)前場の東京株式市場は、NYダウの大幅反発を受けてここ一両日広がったイタリア情勢などを巡る警戒感が後退し、株価指数の先物が先行高。日経平均は取引開始後に156円90銭高(2万2175円42銭)まで上げた。自社株買いと消却を発表した住友大阪セメント<5232>(東1)が活況高など材料の出た銘柄が強く、日経平均は前引けも93円70銭高(2万2112円22銭)と堅調だった。東証2部指数、マザーズ指数、日経JASDAQ平均も高い。

 原油相場の大幅反発を受けて石油資源開発<1662>(東1)などが上げ、花王<4452>(東1)などのディフェンシブ銘柄も高い。ファイバーゲート<9450>(東マ)は「ワンタッチWi−Fi」などが材料視されて上げ、アイル<3854>(JQS)は4月締めの第3四半期業績に期待が再燃とされて高い。

 31日新規上場となったラクスル<4384>(東マ・売買単位100株)は、9時16分に公開価格1500円を9.7%上回る1645円で初値がつき、10時過ぎに36%高の2044円まで上げて快調、前引けは1909円。

 東証1部の出来高概算は6億4965万株。売買代金は1兆1051億円。1部上場2084銘柄のうち、値上がり銘柄数は1216銘柄、値下がり銘柄数は754銘柄となった。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:55 | 今日のマーケット