IRセミナー
6/26(火)=ベステラ、シルバーライフ、PALTEK

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年06月01日

【株式市場】TOPIXやJPX日経400は続伸だが日経平均は大引けに小反落

◆日経平均の終値は2万2271円35銭(30円47銭安)、TOPIXは1749.17ポイント(1.72ポイント高)、出来高概算(東証1部)は16億599万株

チャート6 6月1日後場の東京株式市場は、日銀が午前中に実施した国債買いオペの減額を気にする様子があり、日経平均は前引けの水準(71円68銭高の2万2273円50銭)を抜けずに一進一退を続け、何度か前日比で小安くなる場面を交えてもみ合った。トヨタ自動車<7203>(東1)ソニー<6758>(東1)は堅調で、TOPIXは大引けも堅調続伸となったが、日経平均は大引けに軟化し、前日の183円高からは小反落となった。東証2部指数、マザーズ指数も軟調。一方、日経JASDAQ平均は高い。

 後場は、インフォマート<2492>(東1)が3期ぶりの最高益見込みなどへの評価が再燃とされて続伸幅を広げて高値を更新し、マネーフォワード<3994>(東マ)はインドのフィンテック企業への出資などが注目されて戻り高値。上場2日目のラクスル<4384>(東マ)は高値更新。日本テレホン<9425>(JQS)は4月決算の一部黒字化予想などが再注目される様子で高い。

 東証1部の出来高概算は16億599万株(前引けは7億7562万株)。売買代金は2兆6512億円(同1兆2085億円)。1部上場2084銘柄のうち、値上がり銘柄数は1127(同1138)銘柄、値下がり銘柄数は884(同836)銘柄。

 また、東証33業種別指数は20業種(前引けは25業種)が値上がりし、値上がり率上位は、輸送用機器、石油・石炭、鉱業、建設、パルプ・紙、銀行、証券・商品先物、非鉄金属、などとなった。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:44 | 今日のマーケット