IRセミナー
6/26(火)=ベステラ、シルバーライフ、PALTEK

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年06月05日

【株式市場】大手銀行株など持ち直しTOPIXが上げ日経平均も堅調で反発

◆日経平均の終値は2万2539円54銭(63円60銭高)、TOPIXは1774.96ポイント(0.27ポイント高)、出来高概算(東証1部)は15億4647万株

チャート4 5日後場の東京株式市場は、米国の時間外(夜間)取引で長期金利が上昇しているとされ、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>(東1)などの大手銀行株が13時頃から回復基調になり、前引けは安かったTOPIXが持ち直して14時半ことから堅調に転換。日経平均は次第に強含み、大引けは2日続伸となった。東証2部指数も高い。一方、マザーズ指数、日経JASDAQ平均は安い。

 後場は、不二サッシ<5940>(東2)が産業技術総研と医療機器向けのマグネシウム合金部材の成形技術を開発したとの発表を受けて11時頃からのストップ高を継続し、キャンバス<4575>(東マ)は開発中の抗癌剤候補化合物CBS9106(SL−801)に関する続報が注目されて13時前から何度もストップ高。アイル<3854>(JQG)は小売り業界で一方的なネット店舗偏重から実店舗併用が復活の動きとされて再び上値を指向。

 東証1部の出来高概算は15億4647万株(前引けは7億8490万株)。売買代金は2兆3824億円(同1兆1301億円)。1部上場2084銘柄のうち、値上がり銘柄数は853(同731)銘柄、値下がり銘柄数は1133(同1243)銘柄。

 また、東証33業種別指数は16業種(前引けは13業種)が値上がりし、値上がり率上位は、情報・通信、その他製品、ゴム製品、小売り、非鉄金属、食料品、化学、倉庫・運輸、などとなった。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:50 | 今日のマーケット