IRセミナー
6/26(火)=ベステラ、シルバーライフ、PALTEK
7月7日(土)=クレスコ、ハウスドゥ、シンデン・ハイテックス

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年06月10日

トレジャー・ファクトリーの5月の売上高は前年同月比5.5%増

■新規出店は、5月に武蔵境店、富士見台店の2店舗を出店、計画を上回るペースで推移

 トレジャー・ファクトリー<3093>(東1)は8日引け後、5月の売上概況(単体)を発表した。

 5月の売上高は、前年同月比5.5%増と堅調に推移した。しかし、既存店は衣料などが前年を下回ったことから同2.4%減となった。

 新規出店については、5月に武蔵境店、富士見台店の2店舗を出店した。3月1店舗、4月1店舗と出店しているため、5月末で4店舗の出店となる。今期は単体で12店舗前後の新規出店を計画しているため、出店は計画を上回るペースで推移している。

 18年2月期の業績は、子会社化したカインドオルへの先行投資もあり、増収ながら2ケタ減益となったことから、株価は、現在も最安値圏で推移している。

 しかし、今期19年2月期は、売上高177億99百万円(前期比8.3%増)、営業利益8億18百万円(同31.6%増)、営業利益8億18百万円(同31.6%増)、経常利益8億41百万円(同25.7%増)、純利益5億54百万円(同60.2%増)と増収大幅増益を見込む。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:33 | IR企業情報