株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年06月12日

フジッコは「小鉢」増産など材料視され昨年来の高値に迫る

■連結純利益など連続最高の見込みで評価不足の見方も

 フジッコ<2908>(東1)は12日、出直りを強めて始まり、取引開始後に2814円(93円高)まで上げて5月16日につけた昨年来の高値2816円に迫っている。2018年3月期の連結純利益が2期ぶりに最高を更新し、今期も4%の増加を見込むなど業績好調。「食べきりサイズに小分けした総菜「おばんざい小鉢」シリーズを増産する」(日経産業新聞6月4日付)などと伝えられ、一段の飛躍を期待する様子がある。

 「約10億円を投じて生産設備を1.5倍に増強し、売り上げを2018年3月期の12億円から19年3月期には20億円程度に引き上げる考えだ」(同)と伝えられた。今期の予想1株利益は140円41銭。株価はPER20.1倍になり、最高益基調が続く銘柄としては評価不足との見方もある。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:55 | 株式投資ニュース