IRセミナー
6/26(火)=ベステラ、シルバーライフ、PALTEK

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年06月12日

ポールトゥウィン・ピットクルーHDはAI開発提携など好感され上場来の高値

■今期の連結純利益47%増を見込む、いちよし証券は妥当株価2700円に引き上げと伝えられる

 ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス<3657>(東1)は12日、大きく出直って9時40分過ぎに2520円(205円高)まで上げ、約4ヵ月ぶりに株式分割など調整後の上場来高値を更新した。いちよし証券が妥当株価を従前の2300円から2700円に引き上げと伝えられたほか、8日に第1四半期決算(2018年2月〜4月)と今期の業績見通し、およびスマートフォン向けアプリ開発などの株式会社トライフォート(東京都渋谷区)との資本業務提携を発表。注目が強まっている。

 今期の連結純利益は前期比47%増益の見通しとした。トライフォート社との提携では、AI(人工知能)、QA(Quality Assuranceの略、製品やシステムの性能や機能を保証するための検証作業)の共同開発や事業化に取り組む。普通株式の取得も行う。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:15 | 株式投資ニュース