株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年06月13日

【株式市場】円安期待が強く日経平均は3日続伸しTOPIXは1800ポイント回復

◆日経平均の終値は2万2966円38銭(88円03銭高)、TOPIXは1800.37ポイント(7.55ポイント高)、出来高概算(東証1部)は11億9857万株

チャート4 13日後場の東京株式市場は、アステラス製薬<4503>(東1)が自社株買いや新薬候補への期待などから一段とジリ高になるなど、材料株物色が活発になった。また、日本時間の14日早朝には米国の金融政策決定会合(FOMC)の結果が明らかになり、利上げ・ドル高・円安とつながる期待があり、川崎汽船<9107>(東1)などの海運株が高い。日経平均は14時にかけて114円91銭高(2万2993円26銭)まで上げた。大引けも堅調で3日続伸となった。TOPIXは5月22日以来の1800ポイント回復。前引けは軟調だった東証マザーズ指数も上げ、東証2部指数、日経JASDAQ平均も高い。

 後場は、6月19日付で東証1部への指定替えが決まった富士ピー・エス<1848>(東2)が前場に続き大引けまでストップ高買い気配を続け、アプリックス<3727>(東マ)は引き続き、11日付で屋内測位・位置情報システム市場向けソリューションの開発を開始し「groma(仮称)」を発表したことが注目されたようで大幅続伸。テクノアルファ<3089>(JQS)は子会社ペリテックが設計/実装を担当した状態監視用IoTシステムがSUBARU<7270>(東1)の実験施設に導入されたとの発表が注目されて活況高。

 東証1部の出来高概算は11億9857万株(前引けは6億1717万株)。売買代金は2兆2490(同1兆1145億円)。1部上場2089銘柄のうち、値上がり銘柄数は1286(同1207)銘柄、値下がり銘柄数は703(同767)銘柄。また、東証33業種別指数は26業種(前引けは18業種)が値上がりし、値上がり率上位は、海運、不動産、サービス、その他金融、電力・ガス、空運、輸送用機器、情報・通信、などとなった。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:46 | 今日のマーケット