IRセミナー
6/26(火)=ベステラ、シルバーライフ、PALTEK

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年06月14日

【銘柄フラッシュ】兵機海運などが急伸しUSEN−NEXTはサッカーW杯も材料視されて高い

 17日は、東証1部の値上がり率1位に2日続けて曙ブレーキ工業<7238>(東1)の12.6%高が入り、引き続き新構造の軽量ディスクブレーキ開発報道などが注目されて連日大幅高。

 2位はUSEN−NEXT HOLDINGS<9418>(東1)の8.1%高となり、ソニー<6758>(東1)の4K「ブラビア」テレビに対応するリモコンに6月9日以降、順次「U−NEXTボタン」が搭載されることになり、サッカー「2018FIFAワールドカップ ロシア」の開幕とと併せて材料視する様子があり戻り高値。

 3位はライドオンエクスプレスホールディングス<6082>(東1)の7.8%高となり、簡単にデリバリー注文が出来るアプリを5月17日にリリースし、サッカー「2018FIFAワールドカップ ロシア」の開幕は追い風との見方。

 兵機海運<9362>(東2)は北朝鮮への制裁解除、経済支援などを期待する動きとされて昨日の反落を一気に奪回しストップ高の20.0%高。リンコーコーポレーション<9355>(東2)も同様の思惑で再び上値を指向し20.0%高。伏木海陸運送<9361>(東2)も急反発となって再び上値を指向し5.0%高。フュートレック<2468>(東2)はAIを用いた音声言語技術の中国企業との提携が注目されてストップ高の15.5%高。

 ハイアス・アンド・カンパニー<6192>(東マ)は13日に発表した4月決算と今期見通しが注目されてストップ高の19.2%高。ALBERT<3906>(東マ)はAI(人工知能)による自動運転技術の開発などを推進し、アイサンテクノロジー<4667>(JQS)が愛知県の自動運転実証実験事業からの受託を材料に動意を強めたことなどが言われて11.2%高。

 フジタコーポレーション<3370>(JQS)は13日に発表した5月の月次動向などが材料視されてストップ高の26.6%高。フジトミ<8740>(JQS)は商品先物各社にAI(人工知能)取引システム導入の動きが伝えられて前場ストップ高で売買をこなし、後場は多少ダレたが活況で16.1%高となった。(HC)









◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:54 | 株式投資ニュース