株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年06月15日

鎌倉新書の第1四半期は広報・PR活動を強化し、運営サイトの改良などを行ったことで増収増益

■販管費が増えたことから、利益面では売上高の成長率を下回る

 葬儀、仏壇、お墓のポータルサイトを運営する鎌倉新書<6184>(東1)は14日引け後、今期第1四半期連結業績を発表した。第1四半期は、広報・PR活動を強化し、運営サイトの改良などを行ったことで、増収増益となった。

 19年1月期第1四半期連結業績は、売上高4億87百万円(前年同期比37.2%増)、営業利益79百万円(同17.9%増)、経常利益80百万円(同19.4%増)、純利益52百万円(同23.8%増)となった。

 売上高は大幅増収となったものの、販管費が前期の1億46百万円に比較すると2億31百万円と増えたことから、利益面では売上高の成長率を下回る結果となった。

 ちなみに、今通期連結業績予想は、売上高22億円(前期比28.7%増)、営業利益5億20百万円(同28.4%増)、経常利益5億10百万円(同41.7%増)、純利益3億40百万円(同33.9%増)と大幅増収増益を見込む。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:43 | 決算発表記事情報