株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年06月18日

住友大阪セメントが高値に迫る、大阪北部で発生した地震を材料視

■最高益の後も業績堅調で思惑的な材料にも反応しやすいとの見方

 住友大阪セメント<5232>(東1)は18日、14時にかけて本日現在高の550円(20円高)をつけ、今年1月につけた2000年以来の高値584円に迫っている。この日の朝、大阪北部で発生した震度6の地震を受け、復興関連株の一つとして注目されている。

 業績は堅調で、17年3月期に最高益を更新した後も高水準を続ける見通し。値動きもチャート妙味があるとの見方があり、思惑的な材料にも反応しやすいとの見方が出ている。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:14 | 株式投資ニュース