株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年06月21日

本日上場のコーア商事HDは買い気配のまま公開価格の25%高(9時55分現在)

■高品質で安価な輸入原薬の提供や製剤の製造・販売を展開

 21日、新規上場となったコーア商事ホールディングス<9273>(東2・売買単位100株)は、「ジェネリックのベストパートナー」を経営理念として掲げ、高品質で安価な輸入原薬の提供や、製剤の製造・販売を展開。特に、市場の急速な拡大が見込まれる抗がん剤等の高薬理活性領域への取組みを重視し、2016年5月には高薬理活性注射剤工場(山形市:蔵王工場)を建設した。

 公開価格は2670円。買い気配で始まり、10時にかけては3345円の買い気配となり、公開価格を25%上回っている。まだ初値はついていない。

 会社側の今期・2018年6月期の業績見通し(連結)は、売上高が前期比0.4%減の150億7200万円、営業利益が同18.1%減の13億2200万円、純利益は同32.8%減の7億6900万円、1株利益は246円24銭。配当は70円。

 公開価格はPER10.8倍になり、目標としては原薬大手のイワキ(8095)のPER14倍台や、医薬品卸のアルフレッサホールディングス(2784)のPER17倍台などが意識されている。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:59 | 新規上場(IPO)銘柄