株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年06月26日

建設技術研究所の建築設計・監理子会社・日総建が「中長期ビジョン2025」を策定

■CTIグループの中長期ビジョンに沿い都市・建築を総合的に創り上げる企業を目指す

 建設技術研究所(CTI)<9621>(東1)は26日午前、2015年にCTIグループに入り、建築設計・監理分野を担う株式会社日総建(本社:東京都渋谷区)が2025年を目標年次とする「日総建中長期ビジョン2025」を策定したと発表した。

 CTIグループでは、2015年に「CTIグループ中長期ビジョン『CLAVIS 2025』」を策定し、幅広いインフラを対象とする「マルチインフラ企業」世界に貢献する「グローバル企業」などを目指している。今期、19年3月期の連結業績は最高益を更新する見通しとしており、中長期ビジョンは順調に進展している。そして、これらの中長期ビジョンをさらに盤石なものにするため、17社により構成されるグループ企業それぞれの成長とグループ内連携の強化を進めることとし、主要な子会社の目指す方向をとりまとめている。

 株式会社日総建は、旧・日本電信電話(当時)により、全国の電話網整備に向けた大量の局舎建設の設計業務を担う会社として1963年に設立され、建築設計・監理事業を50年以上にわたって手掛けてきた。その間、防火、耐震などの各種防災対策、セキュリティ対策、省エネ対策などや、高度化、多様化する各種インテリジェントビルなどを対象とした設計活動を継続し、「確かさを追求する設計姿勢」を引き継いできた。

 2025年に向けては、確かな建築設計技術を基盤として、都市・建築を総合的に創り上げる企業を目指し、そのために「確かな建築で都市の未来をつくる」を掲げ、「建築を通じて社会に貢献できる会社」「社員が楽しく仕事ができる会社」に向かい、グループ連携の強化、建築と土木を融合した新事業の展開を図ることによって事業規模を25億円まで拡大することとした。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:57 | IR企業情報