株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年06月27日

ピックルスコーポレーションの第1四半期は子会社化した手柄食品の効果もあり増収、営業・経常利益共に2桁増益

■第2四半期業績予想に対する進捗率は、前年を上回るペースで推移

 ピックルスコーポレーション<2925>(東1)の第1四半期は、子会社化した手柄食品の効果もあり増収、営業・経常利益共に2桁増益と好調なスタートとなった。

 19年4月期第1四半期連結業績は、売上高100億07百万円(前年同期比4.0%増)、営業利益4億15百万円(同14.5%増)、経常利益4億43百万円(同14.2%増)、純利益2億33百万円(同11.2%減)。

 今期は、3月に竣工した西日本の佐賀工場に加え、昨年12月に子会社化した手柄食品等の効果もあり増収となった。

 利益面については、原料である野菜の価格が安定していることから、営業利益、経常利益共に2ケタ増益と好調に推移している。ただ、最終利益については、佐賀工場の立ち上げ関連費用の発生もあり、減益となっている。

 トピックスとしては、「牛角キムチを買って焼肉しよう!お料理しよう!プレゼントキャンペーン」と題し、牛角韓国直送キムチを対象としたキャンペーンを実施している。

 看板商品である「ご飯がススム キムチ」シリーズをリニューアルし、販売促進している。

 更に、新たな取り組みとして、ピーネ12乳酸菌を活用した商品を展開するECサイト「ピーネオンラインショップ」及び国産、化学調味料不使用にこだわった漬物を展開するECサイト「八幡屋オンラインショップ」を4月23日に開設した。

 このような取組を促進していることから、第2四半期業績予想に対する進捗率は、売上高47.8%(前年同期49.5%)、営業利益53.4%(同41.6%)、経常利益51.9%(同41.6%)、純利益46.0%(同43.5%)と前年を上回るペースで推移している。

 ちなみに、今期19年2月期連結業績予想は、売上高403億86百万円(前期比7.4%増)、営業利益13億01百万円(同15.0%増)、経常利益14億13百万円(同14.6%増)、純利益8億41百万円(同3.5%増)を見込む。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:01 | 決算発表記事情報