株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年07月05日

【話題】串カツ田中HD「禁煙化」1ヵ月めは客数102.2%に伸びる

■客単価は95.0%に落ちたが客数はサッカーW杯や雨天が多かった割に好調

 串カツ田中ホールディングス<3547>(東マ)は5日、ホームページのNEWSコーナーに「禁煙化1カ月実施結果をお知らせいたします」〜客数増、ファミリー層の増加〜と題した状況報告をアップし、「試行錯誤をしながら今後も前進していきます」と結んだ。

 それによると、同社では、2018年6月1日からほぼ全店で全席禁煙化または一部フロアの分煙化を実施し、この日から6月30日までの直営店86店舗(全席禁煙)での来客数などの動向をまとめたところ、既存店の場合、客数は前年同期比102.2%に伸びたが、客単価は同95.0%に落ち、売上高は同97.1%となった。

 既存店の客単価が前年同期比95.0%となった要因としては、キャンペーンによる客単価の減少と、お子様を含む未成年のお客様の増加により客単価の減少(お通し代がないかつソフトドリンクの為)が大きくなったことを挙げた。

 客層の変化については、増加したのが家族客(6%増加)、20代までの一般男女グループ客(1%増加)、女性・カップル客(1%増加)。半面、減少したのは、会社員・男性グループ客(6%減)、30代以上の一般男女グループ(1%減)だった。

 ただ、6月は、サッカーワールドカップ開催による影響があった可能性があるほか、
東京地区では月間降水量が昨年6月に比べて多く、特に土・日に限って見ると昨年よりも倍以上の降水量があり(気象庁過去の気象データより)、一年を通して、雨天時は客足が遠のきやすいという特性の影響を受けた点はあるとした。5日の株価終値は、全体相場が大きく下げたほか、同時に月次動向(既存店売上高が2ヵ月連続減)を発表したこともあり、2724円(208円安)だった。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:44 | 話題株