株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年08月01日

平山ホールディングスが再び出直る、6月決算や今期の展望などに注目再燃

■前6月期は連結純利益が3期ぶりに最高を更新する見込み

 平山ホールディングス<7781>(JQS)は1日、11時にかけて2740円(65円高)前後で推移し、再び出直りを強めている。業務請負・派遣などを展開し、2018年6月期の決算発表を8月14日頃に予定。連結純利益の見通しは5月の段階で2.70億円(前期比83.7%の増加)としており、3期ぶりに最高を更新する見込みとあって注目が再燃している。

 また、今期・19年6月期の業績展望としては、7月4日付で消費税等簡易課税差額収入3.9億円の特別利益の発生を発表済みで、これが上乗せされる。消費税等簡易課税差額収入は子会社間の合併などにより発生する。また、今期は、大手電子部品メーカー、大手自動車部品メーカーなどからの新規受注案件が本格寄与する。7月に食品・小売り業界向けの業務請負や職業紹介を行うFUNtoFUN(ファンtoファン、東京都千代田区)などの株式取得(子会社化)を実施したため、事業の対象となる業界が食品製造や小売り分野にも拡大することになる。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:03 | 株式投資ニュース