IRセミナー
8/17(金)=夢真ホールディングス、トレジャーファクトリー

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年08月12日

夢真ホールディングスの今期第3四半期は、建設業界、IT業界ともに需要旺盛で大幅増収増益

■高齢化及び若手不足が顕著な「建設業界」、技術革新が著しい「IT業界」の人材不足は深刻な状況

 人材派遣の夢真ホールディングス<2362>(JQS)の今期第3四半期は、建設業界、IT業界ともに需要旺盛で大幅増収増益となった。

 今期18年9月期第3四半期連結業績は、売上高296億62百万円(前年同期比34.1%増)、営業利益38億98百万円(同119.3%増)、経常利益36億39百万円(同96.8%増)、純利益27億15百万円(同151.1%増)となった。

 人材派遣業界は、日本全体として労働人口が減少しており、多くの業界が人材不足に陥っているため、需要は活況となった。特に、高齢化及び若手不足が顕著な「建設業界」、そして、技術革新が著しい「IT業界」の人材不足は深刻な状況となっている。そのため、同社グループでは、建設業界及びIT業界に対し「高付加価値の人材」を供給するため、人材の確保及び育成に注力した。

 売上高に関しては、技術者の増員に起因した建設技術者派遣及びエンジニア派遣事業の伸張により大幅増収となった。

 利益面については、増収効果に加え、採用費をはじめとしたコストのコントロールを徹底したことで、費用の増加は限定的となったため大幅増益となった。

 第3四半期は大幅増収増益で着地したものの、通期連結業績予想は、前回予想を据え置いている。

■通期連結業績予想に対する進捗率を見ると、利益面での上振れが予想される

 ちなみに、通期連結業績予想は、売上高390億円(前期比27.8%増)、営業利益45億円(同90.5%増)、経常利益45億円(同85.7%増)、純利益29億円(同103.4%増)と最高益更新で、14年9月期の最高益を大きく上回る見通し。

 なお、通期連結業績予想に対する進捗率を見ると、売上高76.1%(前期72.5%)、営業利益86.6%(同75.3%)、経常利益80.9%(同76.2%)、純利益93.6%(同75.8%)となっていることから利益面での上振れが予想される。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:54 | 決算発表記事情報