IRセミナー
8/17(金)=夢真ホールディングス、トレジャーファクトリー

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年08月13日

【株式市場】NY株安と円高のため日経平均は一時382円安と1ヵ月ぶりに2万2000円割る

◆日経平均は2万1942円23銭(355円85銭安)、TOPIXは1690.63ポイント(29.53ポイント安)、出来高概算(東証1部)は7億3519万株

 13日(月)前場の東京株式市場は、前週末のNYダウ196ドル安に加え、米トランプ大統領がトルコに対する鉄鋼製品などへの関税上乗せの意向を示したとされてトルコ通貨とユーロが下げ、消去法的に円が買われたこともあり、株価指数の先物が先行安。日経平均は180円安で始まり、11時過ぎには382円72銭安(2万1915円36銭)まで下押した。取引時間中の2万2000円割れは7月11日以来、約1ヵ月ぶり。前引けも355円85銭安(2万1942円23銭)だった。東証2部指数、マザーズ指数、日経JQ平均も安い。

 オープンドア<3926>(東1)が第1四半期の営業利益89%増加など注目されて活況高となり、アジャイルメディア・ネットワーク<6573>(東マ)は第2四半期決算と8月末の株式3分割が注目されてストップ高。Eストアー<4304>(JQS)は引き続き発行株数の20.02%もの自己株式消却が材料視され2日続けて大幅高。

 東証1部の出来高概算は7億3519万株。売買代金は1兆1327億円。1部上場2104銘柄のうち、値上がり銘柄数は200銘柄、値下がり銘柄数は1855銘柄となった。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:04 | 今日のマーケット