IRセミナー
12/18(火)=ソレイジア・ファーマ、ケイアイスター不動産

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年09月26日

アンジェスは一時ストップ安のあと急回復、新株予約権を発行

■発行株数の最大17.6%増加が気にされたが新薬候補への期待強い

 アンジェス<4563>(東マ)は26日、一時ストップ安の508円(100円安)をつけたが、10時を過ぎては550円(58円安)前後へと大きく持ち直している。25日の取引終了後、第33回新株予約権(第三者割当)の発行決議を発表。潜在株式数を1600万株(発行済株式総数の17.60%)としたため、株式価値の希薄化を気にする動きが先行したが、売り一巡後は調達資金の活用や新薬候補の承認申請への期待などに期待が強まっている。

 発表によると、すべての本新株予約権が行使された場合における交付株式数は最大16,000,000株(議決権数160,000個)。2018年8月31日現在の当社発行済株式総数(90,883,861株)及び当社議決権総数(908,769個)に対する比率はそれぞれ17.60%及び17.61%。

 一方、払込金額の総額は95億480万円(発行価額の総額64,800,000円に新株予約権の行使に際して払い込むべき金額の合計額9,440,000,000円を合算)。割当日は2018年10月11日。割当先は三田証券。

 今回の割当により調達した資金の一部は、開発品パイプラインの拡充において必要な資金及び国内におけるHGF遺伝子治療薬の製造販売後調査の実施に係る費用に充当するとした。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:43 | 株式投資ニュース