IRセミナー
12/18(火)=ソレイジア・ファーマ、ケイアイスター不動産

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年10月03日

3日上場のブリッジインターナショナルは買い気配のまま公開価格の41%高(10時20分現在)

■「インサイドセールス」による営業改革支援などを展開

3日新規上場となったブリッジインターナショナル<7039>(東マ・売買単位100株)は、BtoB企業に対して「インサイドセールス」(顧客には訪問せず電話やメールを活用して営業活動を行う手法)による法人営業改革の支援などを展開する。売上原価の80%が人件費。

 買い気配で始まり、10時30分にかけては公開価格2310円を41%上回る3250円の買い気配。まだ初値はついていない。

 会社発表の今期・2018年12月期の業績見通しは、売上高が29.10億円(前期比4.5%増)、営業利益が3.33億円(同11.4%増)、純利益は2.00億円(同2.0%増)、1株利益は120円45銭。

 公開価格2310円はPER19.2倍になり、たとえば、りらいあコミュニケーションズ(4708)のPER24倍台、ベルシステム24ホールディングス(6183)のPER21倍台などが参考になるようだ。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:27 | 新規上場(IPO)銘柄