株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年10月07日

【新規上場(IPO)銘柄】ワールドは9月28日に再上場、バリューアップへの取り組みが注目

 ワールド<3612>(東1)は、9月28日に東京証券取引所市場第一部に再上場した。2005年11月のマネジメント・バイアウト(MBO)で上場を廃止してから13年ぶりの上場で、同社グループは、2017年4月に同社を事業持株会社とする持株会社体制に移行。事業セグメントを「ブランド事業」「投資事業」「デジタル事業」「プラットフォーム事業」の4つに分けた上で、新たな収益源として投資事業とデジタル事業の育成・発展に注力するため、当面はこれら2つの事業に集中投資を行う方針。

 主力のブランド事業では、当該事業を支える生産系及び販売系プラットフォームやデジタル事業とも連携し、各事業会社における個々の市場に適した収益構造の構築と主体的な意思決定をスピード感を持って行い、商品力と販売力の強化によるブランド及び店舗の収益の維持と成長を目指している。

 投資事業では、同社グループ全体の事業ポートフォリオの最適化を使命としており、アパレル以外のブランド事業領域やデジタルを中心としたプラットフォームの拡充に有用な企業や事業のM&Aに取り組んでいる。

 デジタル事業では、同社グループが買収した企業やグループ外の企業にも活用出来るよう、ファッションビジネスの全領域を網羅したシステム基盤のアップデートに取り組むほか、ファッションテックとの協業でデジタル軸の新規サービス開発やプラットフォーム強化も推進している。

 今2019年3月期第1四半期業績実績は、売上高609億7800万円(前年同期比1.0%増)、営業利益66億4800万円(同5.9%増)、経常利益62億0500万円(同7.6%増)、純利益39億7000万円(同6.9%増)に着地。

 今19年3月期業績予想は、売上高2490億6600万円(前の期比1.3%増)、営業利益161億6200万円(同1.5%増)、経常利益142億3400万円(同7.6%増)、純利益127億9100万円(同14.8%増)を見込む。上場による調達資金は、主に新興アパレル会社への出資やシステム投資に充当する。年間配当は、期末一括47円を予定している。

 株価は、上場初日の9月28日に公開価格2900円と5%下回る2755円で初値をつけ、同日高値は2779円。同3日に2500円まで売られた後、モミ合っている。同社とTSIホールディングスは、9月から、同じ館内に出店している両社のブランドの店舗を対象に納品を一元化する共同配送を開始したと発表。対象エリアとチャネルは関東1都6県の駅・ファッションビル、ショッピングセンターの39館から開始し、徐々にエリアを拡大していく予定で、輸送効率の改善、配送・納品のコスト削減による物流の効率化を図り収益改善が見込まれる。また、投資事業で、(株)インターキューブ、(株)イノベーションリンク、(株)アスプルンド、(株)アダバット、(株)ティンパンアレイ、(株)オムニスに出資し、バリューアップに取り組んでいるが、今後収益に貢献するか注目される。今期予想PER6倍台と割安感があり、中長期的な視点で押し目買い妙味が膨らみそうだ。(株式評論家・信濃川)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:18 | 新規上場(IPO)銘柄