IRセミナー
12/18(火)=ソレイジア・ファーマ、ケイアイスター不動産

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年10月12日

12日上場のDelta−Fly Pharmaは初値4385円のあと公開価格を上回り売買こなす

 10月12日、新規上場となったDelta−Fly Pharma(デルタフライファーマ)<4598>(東マ・売買単位100株)は、9時18分に公開価格4770円を8%下回る4385円で初値がつき、あと大きく上値を追って10時40分には2%高の4830円まで上げて売買をこなしている。

 独自の「モジュール創薬」による抗がん剤候補物質を探索するバイオベンチャー。3つのパイプラインが日米で臨床試験進行中で、「DFP−10917」(難治性・再発急性骨髄性白血病)は、米国で臨床3相試験準備中、国内では日本新薬と提携し第1相試験を準備中。2019年3月期には日本新薬からマイルストーン収入を受領する予定。

 会社発表の今期・2019年3月期の業績見通しは、事業収益が2.00億円(前期比33.3%増)、営業利益は6.82億円の赤字(前期は2.43億円の赤字)、純利益は7.41億円の赤字(同2.46億円の赤字)。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:50 | 新規上場(IPO)銘柄