株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年10月12日

【銘柄フラッシュ】INESTなど急伸しリンクバルは株式6分割が材料視されストップ高

 10月12日は、コシダカホールディングス<2157>(東1)が東証1部の値上がり率1位となり、11日の夕方に発表した8月決算と今期予想が注目されて急反発しストップ高の25.2%高。

 2位は乃村工藝社<9716>(東1)の15.5%高となり、11日の夕方に発表した8月中間決算などが注目されて急反発。

 3位はCSP(セントラル警備保障)<9740>(東1)の13.1%高となり、11日に発表した8月中間決算などが注目されて大きく反発し約2週間ぶりに上場来の高値を更新。

 トーヨーアサノ<5271>(東2)は10日発表の8月中間決算などが注目されて大きく反発しストップ高の17.2%高。ピクセラ<6731>(東2)は4K映像対応のセットトップボックスで先行しているとされ、急反発して14.8%高となり3日前につけた戻り高値に接近。

 ロコンド<3558>(東マ)は昼12時に8月第2四半期決算を発表し、営業経常利益は赤字だったが急伸して15.6%高。リンクバル<6046>(東マ)は10月末を基準日とする株式6分割が材料視されてストップ高の15.1%高。

 INEST<3390>(JQS)は店舗運営から防犯まで強力にサポートするASP遠隔モニタリングシステムなどが言われて大引けにかけて一段高となり28.7%高。テリロジー<3356>(JQS)は全体相場の大幅な調整を受けた急激な下げが60日移動平均の水準で止まったとされ、18年3月期の黒字転換後も業績拡大が続く見通しなどを材料視されて急反発しストップ高の23.4%高となった。(HC)




◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:09 | 株式投資ニュース