株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年10月24日

多木化学またもやストップ高、マツタケの近縁種の完全人工栽培で投機色増す

■騰勢第2波が始まったとの見方あり、ひと相場3波動の経験則に期待強まる

 多木化学<4025>(東1)は10月24日の後場、一段と上値を追い、12時50分にかけてストップ高の1万230円(1500円高)に達した。10月4日、マツタケの近縁種で香りや味はそれ以上とされる「バカマツタケ」の完全人工栽培に成功と発表し、以後、投機相場が衰えない展開になっている。

 発表の翌日から3日連続ストップ高を交えて急騰した。10月中旬には急騰幅の半値押し水準まで調整したものの、22日、日証金が午後の立会約定分から貸借取引の規制を発動し、売りと買いの現引きにともなう申込みを停止としたが、買い戻しが増加するとの思惑から再び騰勢を強める結果になった。

 テクニカル的には、10月上旬の急騰を騰勢第1波とすると、22日からの再騰は騰勢第2波に当たるため、ひと相場3波動との経験則に照らしてさらなる上げ相場が控えているとの見方が出ている。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:16 | 話題