株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年10月25日

【株式市場】NYダウの急落を受け東証1部銘柄は97%が値下がりし日経平均は一時809円安

◆日経平均は2万1472円88銭(618円30銭安)、TOPIXは1613.77ポイント(38.30ポイント安)、出来高概算(東証1部)は増加気味で7億6950万株

チャート12 10月25日(木)前場の東京株式市場は、NYダウの大幅続落608ドル安を受けて株価指数の先物が先行安し、日経平均は414円安で始まり、10時15分頃に809円04銭安(2万1282円14銭)まで下押した。中で、パナソニック<6752>(東1)は介護関連業務開発の採択が材料視されて9時20分頃から堅調転換し、トヨタ自動車<7203>(東1)は9時10分頃を下値に持ち直し始めた。日経平均も次第に持ち直し、前引けは618円30銭安(2万1472円88銭)となった。東証2部指数、マザーズ指数、日経JASDAQ平均もそろって安い。

 中で、第2四半期決算を24日に発表したベリサーブ<3724>(東1)が堅調に推移し、インテリジェントウェイブ<4847>(東2)は消費税の軽減税率分をキャッシュレス利用に限り還元する案が材料視されて高い。医療ツーリズム事業の合弁会社を発表したメディア工房<3815>(東マ)も堅調。幸和製作所<7807>(JQS)はパナソニックの介護支援システム開発の協力機関との発表が材料視されて高い。

 東証1部の出来高概算は増加して7億6949万株。売買代金は1兆3581億円。1部上場2109銘柄のうち、値上がり銘柄数は55銘柄(3%)、値下がり銘柄数は2039銘柄(97%)。

 また、東証33業種別指数は全33業種が値下がりし、値下がり率の小さい業種をみると、電力・ガス、不動産、鉱業、空運、食料品、小売り、ゴム製品、陸運、などとなった。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:01 | 今日のマーケット