株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年10月27日

【新規上場(IPO)銘柄】ディ・アイ・システムは19日に上場、ペーパーレス化の進展で見直されるか

 ディ・アイ・システム<4421>(JQS)は、10月19日に東京証券取引所JASDAQに上場した。同社は、1997年11月に「無限の夢を創造する」エンジニア集団としての志で会社をスタート。システムインテグレーション事業と教育サービス事業を行っている。

 システムインテグレーション事業では、業務用アプリケーションの設定開発業務、インフラシステムの設計構築業務、業務用アプリケーション・インフラシステムの運用保守業務を行っている。

 教育サービス事業では、顧客企業の新卒採用者・中堅社員向けにIT技術に関する研修業務を実施している。

 前2018年9月期業績予想は、売上高33億5000万円(前の期比14.0%増)、営業利益2億1100万円(同40.7%増)、経常利益2億1300万円(同46.4%増)、純利益1億3600万円(同47.8%増)を見込む。年間配当予想については、期末一括23円(同7円増)を予定している。

 今19年9月期業績予想は、売上高39億1400万円(前期比16.8%増)、営業利益2億2500万円(同6.6%増)、経常利益2億2100万円(同4.2%増)、純利益1億3500万円(同1.0%減)を見込む。名古屋支店の移転を計画しており、固定資産除去損・原状回復費用を計上するため、純利益は小幅減益となる見通し。年間配当予想については、期末一括25円(同2円増)を予定している。

 株価は、上場2日目の10月22日に公開価格1280円の2.58倍相当の3300円で初値をつけ、同日高値4250円と上昇。同26日安値2660円と売られている。高市早苗衆院議院運営委員長が25日、国会改革試案を公表。資料を手元で閲覧できるタブレット端末の全議員貸与によるペーパーレス化の推進や、衆院本会議での採決に際して自動で集計できる「押しボタン式投票」の導入を盛り込んだと伝わっており、ペーパーレス化が進展すると思われる。同社は、「業務で使用する紙に代わり、それらをタブレットで行おう」という発想から生まれたアプリケーション「SmartZira」を提供しており、見直される可能性はある。目先は換金売りが一巡し、需給が改善するか見極めるところだが、11月に予定される9月期本決算の内容が事前予想通りであれば、買い直されそうだ。(株式評論家・信濃川)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:00 | 新規上場(IPO)銘柄