株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年11月01日

日本エム・ディ・エムの第2四半期業績は、国内、米国共に好調で増収増益

■米国での人工関節製品の外部顧客への売上高はUSドルでは29.0%増

 人工関節の日本エム・ディ・エム<7600>(東1)の第2四半期業績は、国内、米国共に好調で増収増益となった。

 19年3月期第2四半期連結業績は、売上高75億51百万円(前年同期比14.2%増)、営業利益8億59百万円(同5.6%増)、経常利益8億31百万円(同6.3%増)、純利益5億94百万円(同22.1%増)となった。

 売上高は、日本国内において平成30年4月に償還価格の引下げが行われたが、米国子会社Ortho DevelopmentCorporation製品等の売上が堅調に推移したことから、45億87百万円(同7.0%増)となった。米国においても人工関節製品の売上が順調に推移し、外部顧客への売上高はUSドルでは前年同四半期比29.0%増、円換算後は29億63百万円(同27.4%増)と大幅増収となった。

■売上高販管費率は0.6ポイント改善

 販売費及び一般管理費合計は、給料及び手当、支払手数料の増加等により、45億02百万円(同13.1%増)となったが、売上高販管費率は59.6%(前年同四半期は60.2%)と0.6ポイント改善した。

 通期業績予想に対する進捗率は、売上高47.9%(前期44.7%)、営業利益38.2%(同39.8%)、経常利益39.6%(同39.8%)、純利益39.6%(同34.2%)であることからほぼ計画通りといえる。

 ちなみに、今期19年3月期通期連結業績予想は、売上高157億50百万円(前期比6.4%増)、営業利益22億50百万円(同10.0%増)、経常利益21億円(同6.9%増)、純利益15億円(同5.2%増)を見込む。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:18 | 決算発表記事情報