株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年11月01日

【株式市場】好決算株は強いが日経平均は携帯3社に足を引っ張られた面もあり235円安から持ち直す

◆日経平均は2万1749円78銭(170円68銭安)、TOPIXは1634.55ポイント(11.57ポイント安)、出来高概算(東証1部)は増加し8億5094万株

チャート9 11月1日(木)前場の東京株式市場は、NTTドコモ<9437>(東1)がスマートフォンなどの通信料金の2〜4割値下げを表明したため急落して始まり、KDDI<9433>(東1)ソフトバンクグループ<9984>(東1)も連想が波及して急落。為替は円高基調とあって、日経平均は小安く始まった後一気に下げ幅を広げ、10時過ぎには一時235円22銭安(2万1685円24銭)まで下押す場面があった。この下げ幅のうち携帯3社で190円は足を引っ張ったとの見方もあった。ただ、前引けは170円68銭安(2万1749円78銭)と持ち直した。一方、東証2部指数、マザーズ指数は堅調で続伸基調となった。

 TDK<6762>(東1)が業績・配当予想の増額修正などを受けて一時ストップ高の急伸となり、エイジア<2352>(東1)は自社株買いと消却などが注目されて大幅続伸。ヱスビー食品<2805>(東2)は株式分割などが好感されて活況高。チームスピリット<4397>(東マ)は8月に上場し、終値で初値を上回ってきたことなどが言われて一段高。アクモス<6888>(JQS)は第1四半期決算の大幅増益が注目されてストップ高。

 東証1部の出来高概算は8億5094万株。売買代金は1兆5584億円。1部上場2111銘柄のうち、値上がり銘柄数は1009銘柄、値下がり銘柄数は1025銘柄となった。(HC)


◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:07 | 今日のマーケット