株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年11月06日

【注目の決算】ハウスドゥの第1四半期はフランチャイズなど好調で売上高30%増加

■ハウス・リースバック、リバースモーゲージ保証事業も拡大続く

 ハウスドゥ<3457>(東1)の2019年6月期・第1四半期の連結業績(2018年7〜9月、11月5日発表)は、不動産売買フランチャイズ「ハウスドゥ!」加盟店舗の拡大に加え、新たに不動産賃貸ブランド「RENT Do!」を設立したことで加盟店舗数拡大及びサービスの拡充を図り、ハウス・リースバック事業やリバースモーゲージ保証事業も順調に拡大し、売上高は60.78億円(前年同期比30.4%増加)となり、営業利益は4.71億円(同8.0%増加)、純利益は3.14億円(同23.5%増加)となった。

 フランチャイズ事業での当第1四半期の累計加盟店舗数は560店舗、累計開店店舗数は455店舗となり、着実に拡大した。仲介プラス買取による収益向上を目指す「サテライト店+家・不動産買取専門店」併設店舗などの特色が注目されているようだ。新たに開始した「RENT Do!」への問い合わせも増加した。

 ハウス・リースバック事業では、「住みながら売却できる」という所有不動産などの新たな活用方法が浸透している上、引き取った不動産を不動産ファンドや不動産会社・投資家へ売却する新たなスキームを構築し、収益が拡大している。

 また、不動産金融事業では、不動産担保融資に加え、金融機関との提携によるリバースモーゲージ保証事業が着々と拡大し、この保証事業を開始した2017年10月からほぼ1年で計5つの金融機関との提携を実現し保証残高が20億円を超えた。

 同社が保証を行うリバースモーゲージの利用者層は、申込者層の約55%を事業主が占めていることが特徴的だ。

 今期・2019年6月期の連結業績見通しは、不動産ファンド等の大型売却を計画している第2四半期・第4四半期に偏重するが、期初に発表した数字に変更なく、売上高、各利益とも続けて最高を更新する見込み。売上高は274.99億円(前期比22.1%増加)、営業利益は32.46億円(同53.4%増加)、純利益は19.83億円(同55.0%増加)、1株利益は102円32銭。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:13 | 決算発表記事情報