株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年11月07日

【話題株】出るか「クレスコマジック」、第1四半期の出遅れを第2四半期でほぼ奪回

◆急伸19%高、銀行業界の案件は「谷間」だが受注など全体的に当初予想より堅調

 クレスコ<4674>(東1)は11月7日、急伸して始まり、10時30分を過ぎて19%高の4000円(635円高)まで上昇。戻り高値を大きく更新した。6日の夕方、第2四半期の連結決算(2018年4〜9月、累計)を発表。第1四半期の出遅れを大きく取り戻す決算になり、注目が再燃している。

 AIシステム開発やRPA(ロボティクス・プロセス・オートメーション)、組み込み型ソフト開発などを行う。第2四半期までの累計連結営業利益は前年同期比4.4%減の14.05億円となったが、第1四半期の営業利益は前年同期比21.0%減だったため、これを大幅に取り戻した形になった。第1四半期は数件の赤字案件があったが、すでに完全にクリアしたとしている。

 受注は銀行業界からの案件が「谷間」に入っているものの、全体的に当初予想より堅調に推移しているもよう。このため同社では、前年度対比での増益が見えてきたとし、今期・2019年3月期の連結業績見通しは期初に発表した増収増益計画を継続し、売上高は前期比6.5%増の355.0億円、営業利益は6.1%増の32.8億円、純利益は9.7%増の24.16億円、1株利益220円84銭、とした。同社では、「久しぶりに『クレスコマジック』をお見せすることができそうだ」と楽しみにしている様子がある。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:42 | 話題株