株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年11月07日

【株式市場】米中間選を前に日経平均は高下しながらも一時296円高と上値を追う

◆日経平均は2万2420円87銭(272円87銭高)、TOPIXは1677.39ポイント(18.04ポイント高)、出来高概算(東証1部)は7億6690万株

チャート13 11月7日(水)前場の東京株式市場は、米国の中間選挙の大勢が日本時間の昼過ぎにも決まると伝えられる中で、自動車株は高安混在となったが、NYダウが2日続けて上げ幅100ドル台の続伸となり、日経平均は高下しながらも次第に上値を追った。前引けにかけて296円90銭高(2万2444円65銭)まで上げ、前引けも272円87銭高となった。東証2部指数、マザーズ指数、日経JASDAQ平均も高い。

 ディー・エヌ・エー(DeNA)<2432>(東1)が中国のテンセントゲームズ社との提携などを材料に活況高となり、クレスコ<4674>(東1)は第1四半期の出遅れを第2四半期でほぼ奪回した好決算が注目されて急伸。サンバイオ<4592>(東マ)は連日急伸し、輸入車のファミリー<8298>(JQS)は第2四半期の大幅増益などが注目されてストップ高。

 東証1部の出来高概算は7億6690万株。売買代金は1兆3789億円。1部上場2111銘柄のうち、値上がり銘柄数は1671銘柄、値下がり銘柄数は387銘柄。

 また、東証33業種別指数は28業種が値上がりし、値上がり率上位の業種は、海運、ガラス・土石、情報・通信、不動産、その他製品、銀行、倉庫・運輸、電気機器、などとなった。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:06 | 今日のマーケット